ダブルスラッシュに関連した雑記


by kozai22
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Fuktommyさん、への私信

 Fuktommyさん、横田です。コメントありがとうございます。

>> インターネットに公開するとなるととたんに難しくなります

>というのは、なぜでしょうか。
>一口にこれだ、と言えないかもしれませんが、知りたいです。

 いつも私が言葉足らずですみませんm(__)m


 説明に行く前に、まず、私の現状でのパソコンの環境を説明させてください。

 現在、私は一台のノートパソコンで、カタカタと色々な作業をしています。まあ、諸般の事情により、最近は時間がありますので、親しい友人達と情報交換&生存報告のために、ある会員制のサイトで日記を作りました。

 ところが、友人達は会員登録してくれません。まあ、私に信用が無いと言われれば、それまでなのですが(笑) どうも「ソーシャル・ネットワーキングという名称が怪しい」等々の意見があって、比較的オフラインで会う人間ほど参加してくれません。

 仕方が無いので、自分でサーバを立てるか借りて、普段からメモ代わりに使っているWikiを公開すれば、それなりに使ってくれるかなと思いました。これで友人達が使ってきれなければ、私に信用が無いことが大・決・定です(苦笑)

 まず、自分でサーバを立てようかと思いましたが、挫折しました。理由として「パソコンが1台しか持っていない」「基本的な知識が無い」といった事があります。

 少し説明しますと、私が使っているパソコンは「保証期間が過ぎると、急に不都合な事が起こる」と大評判の某社製のノートパソコンなので(笑)、用事が終わったら、一秒でも早く終了させたいのが本音です。さらに、電気代等の問題もありますので私は自分パソコンをサーバとして提供したくありません。

 次の理由として「私にサーバ運営の知識が無い」ことかあります。私の知識はお粗末なもので「ダイナミックDNSって何ですか?」「グローバルIPって何ですか?」といったものです。Wikiを自分のパソコンにインストールするのにしても、「設定」の意味もわからず解説本に書いてある通りのことをしたまでです。(結城浩さん、ありがとう。あなたの本のおかげでWikiが使えるようになりました。)

 それなので、仮に自分でサーバを設置するとなると、結構「サーバ運営のための勉強」が必要になります。私は、怠け者なので、勉強をしたとしても続かないし、ゴロゴロしながらクリスティや森博嗣あたりのミステリー小説を読んだ方が良いと考えてしまいます。ダメな人間です(笑)

 以上の理由から、私は自作のサーバでの公開をあきらめました。

 それでは、レンタルサーバならばどうかと考えました。しかし、これには自作でのサーバと同様に「ある程度の知識」が必要であり、何よりお金がかかります(笑)

 私は自分のWebページの掲示板に「無職ならいっそのこと、P2P企業に就職しろよ」などと書き込まれる事情がある人間なので(苦笑) これ以上の無駄な出費はできません。それなので、レンタルサーバもあきらめました。

 プロバイダでの公開も考えましたがディスク容量が足りなくなるのが怖いので止めました。どちらにせよお金がかかるので…



●ちょっと長くなったので、少しまとめます。

私は、「Wiki」や「インストール型のBlogツール」を使ってコンテンツを公開するのは以下の理由から難しいと考えています。

(1)自分のサーバを設置するのは
・ハードを購入しなければならない。
・ダイナッミックDNS等の知識、Webサーバ等の知識が必要。


(2)サーバを借りるには
・レンタルするためにお金がかかる。
・ある程度の知識が必要




 ここまで、読んでいただければ「完全に納得はできないが、お前の言いたい事はわかった。だけど、WebサーバをP2Pに置き換えれば簡単になるって言うのは少し違うだろ」と思われるかもしれません。

 この点について、少し言い訳をします(^^;

 私は、旧NapsterやWinnyのような「ファイル共有ソフト」を「検索機能がついた、誰でも接続できるFTPサーバ」のような物と考えています。私は、FTPサーバを設置したことが無いので、わかりませんが、それなりの知識がある方であれば設置できるものだと思います。

 ところが、どうもFTPサーバでコンテンツをダウンロード/アップロードしている人達よりも、旧NapsterやWinny等のファイル交換ツールを使う人達の方が多いようです。

 これは「なんか、ダブルクリックしてたら、いつのまにやら自分のMP3ファイルを公開されるようになってしまった」ぐらい簡単な操作でファイルを公開/共有できたのが、普及した大きな要因だと思っています。

 何が言いたいのかと申しますと、私はApacheの機能の全てがP2Pとして置き換わるのでは無く、Apacheの上に乗っているBlogやWiki等、一部の機能が、P2Pのような物で提供されれば、普及する可能性があるかもしれないと考えています。

 少し言い換えると「P2Pを使うから簡単になる」のでは無く、「P2P技術を使ったアプリケーションをインストールすると、サーバの機能の一部を使うのが簡単になる」のだと思います。


 以上、私なりの考えを少しまとめてみました。自分の考えをまとめているうちに、かなりの長文になってしまい申し訳ありません。

 また、何かコメント/意見等がございましたら、遠慮無く書いてください。メールの方でも大丈夫です。

 それでは、今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by kozai22 | 2004-06-13 13:59 | P2P